添削体験記14 Garry先生に、文法の疑問をぶつける(初!)

スタッフいずみの添削体験記

みなさんお疲れ様です。スタッフいずみです。私が受講している「中級インテンシブ・プログラム

Lesson 6の2回目の課題提出が完了。

1回目で指摘されたところを直しているうちに、うーん、指摘に納得できないところがでてきました。

 

それは・・・

Howeverの前に使用する ” ; “セミコロンを、” , “コロンに直された事。

 

「PressReadyソフトを買うことも考えたが、(;however,を使用)以下の理由により(due to を使用)Page-2-Printのほうが我々の選択としてよい、ということになった。」

we once considered purchasing PressReady as we know it’s used worldwide;however, we have chosen “Page-2-Print” as our choice due to the following reasons.

念のため調べても、howeverの前は、; セミコロンなのです。

そこで、なぜダメなのか尋ねました。↓

-;however,
I used semi colon for however, but ‘,’ was advised by you. I think semi colon is OK. Can you tell me why semi colon is incorrect?

 

それと、理由を述べる前につけた “due to”を、違うと指摘されたところ。

due to でもいいじゃないか? because of にすれば正解?

きっと自然な表現じゃない、ということなんでしょうが、これこそ、ネイティブに聞くいいチャンス。↓
-due to
->I used “due to” for the first draft but ‘prep’ was written. I think ‘due to’ works here. Why is this incorrect?

 

Garry先生の回答が来ました✨

however 前の ; セミコロンを使用すると、前の文章をすっぱり切り離した語り口になってしまう、と。ここでは、そこまで「分断」するほどの文章ではないから、” , “でいいのだ、と。初めて知りました。

 

due to は、「~が原因で」「~のせいで」という意味で、「・・・のせいで」といった責任を感じるニュアンスになる、と。確かに、「以下の理由のせいで Page-2-Printにしました!」っていう意図はない。

日本語訳にとらわれていたことを反省・・・

正解は、for the following reasons. でした。

 

指摘されたところを初めて先生に、「なぜ違うの!?」とぶつけるのは、勇気がいりましたが、やって良かったです!皆さんも、疑問に思ったことは、質問ボックスでどんどん質問してみてください。

きっと、文法書に書いていないネイティブスピーカーによるニュアンスの説明があると思います。→英語マニアとしては、嬉しいチャンスです!

The following two tabs change content below.

いずみ

ジーワン・コミュニケーションズのスタッフ「いずみ」です。 実際に、ビジネス英語ライティングコースを受講して、その学習の様子をみなさんにお伝えしたいと思います。
今すぐ ネイティブ講師の英文添削を無料で体験しましょう!

無料添削体験では、英文添削を体験していただくと同時に、現在のあなたのビジネス英語ライティングスキルレベルを判定し、あなたに合ったおすすめのコースをご案内いたします。

無料添削体験
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

BLOGカテゴリ

過去BLOG

Facebookページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。