添削講師 Michele 先生のブログ

添削講師便り

マーケティング担当です。

今回のお便りは、カナダ在住のMichel先生からのブログです。Michele先生についてはこちら→経験豊富な講師陣

※先生の原文は、日本語の下です。

Why a subject heading is so important

November 30, 2017

なぜ「タイトル」=(件名)が重要か
情報があふれる社会、時間が限られたものとなってきている昨今、私たちはまず最初にメールの件名に目を通すことから始まります。もしあなたのメールの件名が、読み手の心にすぐに「響かなければ」本文を読んでもらえません。件名は「何についてか?」がすぐにわかる2,3のキーワードだけでいいのです。本のタイトルを想像してみてください。自分だったらその件名のメールを読みたいか?ちょっと考えてもいいでしょう。読み手の立場になって考える作業は、あなたの物の見方をガラリと変えますよ。

「いい件名」にするには?
伝えたい内容とメインポイントをゆっくりと考えます。ブレインストーミングもいいと思います。短くて明瞭であることを念頭に入れましょう。

メールごとに違う件名をつける
どんなタイプのメールを出すかによって、件名は違ってきます。ミーテングに関する事だったら、Friday’s meeting, for a self/company-introduction: Self-introduction/ABC introduction
製品の開発に関する事だったら、 The Latest Innovative I-Robot など。皆さん分かっていただけたかと思います、「習うより慣れろ」ですね。

正直に、件名と無関係なことは書かない。
Self-introductionでは、自己紹介より会社概要を書きましょう。会社や同僚のネガティブな事や、自分の問題を政府のせいにする、といった政治的な発言はよくありません。

Trial and error=試行錯誤
「いい件名」をつけようと試行錯誤=trial and error しているみなさんを、担当添削講師たちは喜んでサポートしますよ。何が違って何が正しいのか、「間違い」からこそ学べるのです!私のアドバイスが「いい件名」付けの参考になれば幸いです。また皆さんに向けてブログを書くのを楽しみにしています。それまで、お元気でお過ごしください!

 

 

Why a subject heading is so important

November 30, 2017

Why is it so important?
In this day and age where time is a limited commodity the first thing people will do when looking through their email is the heading. If it does not catch their immediate attention your e-mail will not get read. Subject headings only require two to three keywords or so which will give a clear indication of what the e-mail is all about. Think about it like the title of a book. Ask yourself if you would read this e-mail if it was in your inbox. Putting yourself in the recipients’ position really changes your perspective.

How to achieve a good subject heading?
Take the time to think about the message you wish to send by thinking about your content and the main point. Brainstorming for a good subject heading is always a good idea. Remember to keep it short but clear and bear the object in mind is to get the reader to read your e-mail.

Different headings for different types of e-mails
Depending on the type of e-mail you are sending out would decide the type of heading. For example a meeting: Friday’s meeting, for a self/company-introduction: Self-introduction/ABC introduction, for a product launch: The Latest Innovative I-Robot – I think you get the idea, Right? Not to worry, “Practice makes Perfect” – as the saying goes.

Be honest and do not have an unrelated subject heading
For example: Self-introduction – but instead of talking about yourself you start talking about the company history, its achievements, and how profitable it is. Worse still start saying bad things about your colleagues and the company and then blame the government for your woes. Hmmmm……..definitely out of point altogether as well as being inappropriate.

Trial and Error

Your tutor will be happy to help you get the correct subject headings through your trial and error. To make mistakes helps a student learn what is wrong and how to do it right! I hope you enjoyed my tips on Subject Headings and look forward to blogging on something else soon. Until then have yourselves a great day!

The following two tabs change content below.

いずみ

ジーワン・コミュニケーションズのスタッフ「いずみ」です。 実際に、ビジネス英語ライティングコースを受講して、その学習の様子をみなさんにお伝えしたいと思います。
今すぐ ネイティブ講師の英文添削を無料で体験しましょう!

無料添削体験では、英文添削を体験していただくと同時に、現在のあなたのビジネス英語ライティングスキルレベルを判定し、あなたに合ったおすすめのコースをご案内いたします。

無料添削体験
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

BLOGカテゴリ

過去BLOG

Facebookページ