添削講師 Ruan先生のブログ from ケープタウン Vol.2

添削講師便り

マーケティング担当です。

今回のお便りも、ケープタウン在住のRuan先生から届きましたのでご紹介します。Ruan先生についてはこちら→経験豊富な講師陣

※日本語下は、先生の原文ママです。

ここのところ、アフリカでは『面白い』一週間となりました。皆さんがアフリカのニュースを見ているかどうかわかりませんが、ジンバブエではムカベ大統領が弾劾され、37年間務めた大統領職を辞任しました。37年の長期政権だったということは、多くの国民にとってムカベ元大統領は長きにわたり国の「リーダー」であり続けた人であり、退役軍人たちも彼の辞職を寂しく思っていることでしょう。私はこれを見て、みんなを喜ばせるのは難しいことだな、と改めて考えさせられました。どんなことも、『良い面、悪い面があり、二つの側面がある、』といいますね。

物事には二つの側面がある…、今日、南アフリカは「ブラックフライデー」です。もともとアメリカで始まったもので、感謝祭(木曜日)の翌日の金曜日、土日に挟まれたこの金曜日も祝日扱いとなることも多く、クリスマス商戦の初日かつ最大の山場、「最も売り上げを見込める日」として小売業が、”つまようじ”から”車”まで、感謝祭プレゼントの『売れ残り一掃セール』をする日です。モールに近寄ることさえ困難なほど混み合い、客が殺到するので、商品を壊したり窓を壊すことも度々発生します。

私は、といえば、買い物ではなく「Buy Nothing Day」(無買デー=不必要なものを買わないようにして消費について考え、消費文明の在り方に抗議しようという、世界的に拡大中の非公式の記念日)を、代わりに実行しました。その日、何も買い物をしないようにして、孫を学校に迎えに行き、お弁当をもってビーチに行きました。逆にゴミ袋を持参して、ビーチのゴミ拾いをして帰宅しました。「いいことをしたな」といい気分でした。今後、週一回「無買デー」をやってみようと思っています。なぜ私たちは世間の「マーケティングキャンペーン」にいとも簡単に乗っかって、色々物を買ってしまうんでしょうか?

Well, it’s been an interesting week in Africa. I don’t know if you follow African news but in Zimbabwe, President Robert Mugabe was impeached, and then resigned, after 37 years in power. It means that for many people living there, he is the only leader they have ever known and a lot of his army veterans are very sad to see him go. It made me realise that you
can’t please everyone all the time. Every situation is going to have negatives and positives and there are always two sides (or more) to every story.
With this in mind, today in South Africa we ‘celebrated’ Black Friday. It’s an American concept that has caught on like wildfire and businesses were offering crazy pre-Christmas
deals on everything from toothpicks to motor cars. It was impossible to get near to any shopping malls and in one, the crowd broke a plate glass window in their efforts to get at
the merchandise.
Instead, I took part in an international protest and celebrated ‘Buy Nothing Day’ instead. I fetched my granddaughters from school and we went for a picnic on the beach, avoiding
spending any money in any retail outlet of any kind. In fact, we took bags with us and picked up rubbish and broken glass on the beach and went home feeling good about ourselves. I
think I am going to have one Buy Nothing Day a week from now on.
Why are we so quick to buy in to the marketing campaigns about the items we HAVE to have?

Ruan Wiggett – 24 November 2017

今すぐ ネイティブ講師の英文添削を無料で体験しましょう!

無料添削体験では、英文添削を体験していただくと同時に、現在のあなたのビジネス英語ライティングスキルレベルを判定し、あなたに合ったおすすめのコースをご案内いたします。

無料添削体験
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

BLOGカテゴリー

過去記事