添削講師 Ruan先生のブログ from ケープタウン

添削講師便り

マーケティング担当です。

ジーワンでは、所属の添削講師について『ジーワンが誇る…英語教育経験豊富な…』と述べてきました。

現受講者様には、ジーワンの添削講師と実際のやり取りで、良さを実感していただいていますが、まだ受講を迷われている方、そうでない方、にも添削講師の良さを伝えたい!そこで、今回は、ケープタウン在住のRuan先生から届いた「ブログ」をご紹介します。Ruan先生についてはこちら→経験豊富な講師陣

※日本語下は、先生の原文ママです。

ビジネス英語ライティング・ジーワンのブログなので、本来は文法などについて書くのがいいのかもしれませんが、今日は『e-learning』の別の面、について書こうと思います。じつは、私自身、e-learningで学んだ経験者なのです。

私は添削講師として、「ビジネス英語ライティング」を指導しています。「指導」はもちろんですが、私の楽しみは、課題後の自由に記入できる「チャットコーナー」です。受講者さんから課題が来るたびに、お友達から連絡が来たような感覚になります。

日本美術、伝統文化、ミュージシャン、写真家やダンサー…受講者さんが行った庭園、休暇に訪れたリゾート地、初めて聞いた美術館など、皆さんが教えてくれた場所、日本の事をグーグルで調べて覗いて来ました。法律に関することで議論したことや、日本のお菓子のレシピも教わりました。ある受講者さんの祖父が広島在住であるといった話まで。

ケープタウンにあるお城とデザインがそっくりなお城が日本にあるという面白い話も聞きました。私のアフリカでの生活や経験を受講者さんに話すと、政治的混乱はありますが、南アフリカの多様性に皆さん驚かれます。こうして自分の愛する国について、国の代表者として皆さんに話すことが出来ることに、誇りを持っています。

私のとって『教える』ということはお互いを行き来する「相互関係」です。先生と生徒の繋がりを強め、お互いの経験をより充実したものにする。皆さんから学びたい、そしてそれを共有したい、のです。

受講者さんとのやり取りに喜びや親しみを感じている私、そこで、受講者さんには、学習システムにプロフィール写真をアップ[※]してね、と言うのですが、日本の方はどうも躊躇するようですね。なぜ日本人は個人の写真を公開するのをためらうのか…文化的な背景があるのでは、と考えていますが、これは私の次なる「興味」になっています。どなたか教えて頂けませんか?

[※]学習システムMoodleに入っていただき、右上のお名前横▼からプロファイルを編集を選択、ユーザー画像からご自身の画像をアップできます。

Ruan Wiggett  – 17 November 2017

This blog’s content should probably be about the finer points of English grammar, but I want to write about another side of the on-line learning experience, because I feel that I am the one that has learned.

I guide and advise my students about business English, certainly, but for me the exciting part is when we ‘chat’ to each other at the end of the assignments. Every time I open an assignment, it’s like a visit from a friend.

I have learned about Japanese art, culture and traditions. I have been educated about musicians, artists, photographers and dancers… With the help of my friend Google, I have roamed around gardens they have visited; I have seen the holiday resorts they have relaxed in. I have been to museums I never knew existed. I have debated fine points of legal matters and been given recipes for Japanese treats. One of my students has a grandfather still living in Hiroshima!

I was fascinated to learn that there is a castle in Japan that is almost identical in design to the castle in Cape Town. I have shared my experiences of living in Africa and many of them have been fascinated by the diversity of South Africa despite the political turmoil. I love my country and am a proud ambassador for what we have to offer.

For me, teaching is a two-way street and it’s the personal relationship that develops between teacher and student that makes the experience such a fruitful one.  I know I have just as much to share with you as I want to learn from you.

I always ask my students to add their pictures to their home pages, but very few of them do it. Can anyone enlighten me about why the Japanese people are so reluctant to add their profile pictures?

Ruan Wiggett  – 17 November 2017

今すぐ ネイティブ講師の英文添削を無料で体験しましょう!

無料添削体験では、英文添削を体験していただくと同時に、現在のあなたのビジネス英語ライティングスキルレベルを判定し、あなたに合ったおすすめのコースをご案内いたします。

無料添削体験
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

BLOGカテゴリー

過去記事