会計士・税理士向け講座

ビジネス英語ライティングコース

コース案内

会計士・税理士向けコースTOEIC900~ CASEC760~879

財務諸表や決算報告書を含むケーススタディーを用いて学習し、実務に適用できるビジネス英語ライティングスキルを身につけます。

コース概要

会計士・税理士向けコース
レッスン回数

12

添削回数

21 回

受講期間

基本12 週間+猶予期間4 週間

受講料

59,400 円(税込)

4 レッスンで1 モジュールのプログラム体系となり、モジュールの最終レッスン(レッスン4, 8, 12,…)では、2 回目添削の代わりに講師がコメントとスコア(点数)で評価を行うため、添削回数は1 回となります。

原則、事前にレベルテストをご受検いただきます。(判定によっては中級プログラムもしくは応用プログラムのご受講となる場合があります。過去に中級プログラムLesson8 以上を修了された方はテスト免除)

学習内容

・サマリーを学ぶ内容4 レッスン、シチュエーションを想定したケーススタディ8 レッスンを学習します。

・「課題部分」は前半4 レッスンは「要約(250 ワード程度)」、後半は実践に近い「英文メール(150 ~ 250 ワード程度)」を作成します。

・「学習部分」は英語のみ。

カリキュラム
レッスン1【学習】
  • 企業情報を簡潔にまとめる- まとめ方の基本とコツ
【課題】
  • 文章を要約する
レッスン2【学習】
  • 経営者へのインタビューを正確かつ簡潔にまとめる- インタビューをまとめる際の注意事項
【課題】
  • インタビューの内容を要約する
レッスン3【学習】
  • 財務諸表から要約文を書く- 表やグラフに基づき要約文を作成する際のテクニック
【課題】
  • 表から読み取れる内容を要約する
レッスン4【学習】
  • Lesson 1~3のレビュー:要約のポイント- 決算報告をまとめる
【課題】
  • 決算報告を要約する
レッスン5【学習】
  • 顧客へ肯定的な内容のメッセージを書く- 肯定的なメッセージに必要なルール
【課題】
  • 肯定的な内容のメールを書く
レッスン6【学習】
  • 顧客からの苦情等、望ましくない状況下でのEメール- 対処する際のキーポイント
【課題】
  • 苦情メールに返信する
レッスン7【学習】
  • 新規法人顧客から業務の依頼を受ける- プロフェッショナルな対応の仕方
【課題】
  • 新規顧客へ業務案内のメールを書く
レッスン8【学習】
  • Lesson 5~7のレビュー: 顧客への対応メール
【課題】
  • 個人情報保護の問い合わせに答える
レッスン9【学習】
  • ネガティブな内容のメッセージを顧客に送る- 受け取り手に配慮する文章構成とは
【課題】
  • 相手に配慮してメールに返信する
レッスン10【学習】
  • 顧客へ断りのメールを書く- 依頼に答えられないときの対処法
【課題】
  • 対応できない旨を伝える
レッスン11【学習】
  • 顧客へ謝罪メールを書くテクニック- 謝罪の仕方と注意点
【課題】
  • 顧客に謝りのメールを書く
レッスン12【学習】
  • Lesson 9~11のレビュー: ネガティブな内容のメールの総括
【課題】
  • 顧客からのメールに返信を書く
英文添削の株式会社ジーワン・コミュニケーションズ