学習内容 課題
Lesson 1 ビジネスeメールを英語で書くために 件名を書く時のeメール基本ルール 例文を適切な内容に修正
Lesson 2 「トピックセンテンス」はメッセージ内容の鍵 自己紹介文を作成する時のeメール基本ルール あなた自身を紹介するメールを作成
Lesson 3 「プレーンストーミング」は書く前の重要なステップ 相手に情報を求める時のeメール基本ルール(Formal&Casual表現など) 海外へ問い合わせを行うメールを作成
Lesson 4 「アウトライン」はeメールの骨格 相手に依頼や打診をする時のeメール基本ルール(Formal&Casual表現など) レッスン1~3で学んだスキルを使い、あなた自身が実際に海外へ問い合わせを行うことを仮定して、メールを作成
Lesson 5 内容を説明する:例、事実、意見を使って文章を裏付ける 承認を得る/承認する/承認しない時のeメール(Formal&Casual表現) アメリカ人の上司に理由を述べて、承認を依頼するメール
Lesson 6 内容に説得性をもたせる:統計や専門家の意見を添える 賛成する/反対する/同意に至ったことを伝える アメリカ人上司からの返信メールにさらに説得できる内容を述べ、許可を求めるメールを作成
Lesson 7 内容の全体構成を整理する
(時系列の構成or強調の度合いによる構成)
励ましや哀悼のeメールマナー(Formal&Casual表現) 交渉内容を盛り込み、問い合わせるメールを作成
Lesson 8 内容に一貫性をもたせる
(単語の繰り返し、同義語、代名詞の効果)
お礼を述べる時のeメールマナー(Formal&Casual表現) レッスン5~7で学んだスキルを使い、あなた自身が実際に承認・許可を求めるメールを作成
Lesson 9 状況を明確に記述するテクニック
(自社製品など、物事の正確な描写)
相手に許可を求める/許可する/許可しない時のeメール 会社の製品に関する海外からの問い合わせに返信するメール
Lesson 10 プロセスを報告するテクニック
(プロセスの説明で使う言葉や表現)
確認を促す時のeメール(Formal&Casual表現) レッスン9でのあなたのメールに対し詳細な説明を求めてきた場合に対し返信するメールを作成
Lesson 11 商品やサービスを比較して解説する
(方法と比較を描写する表現)
承認のニュアンスを示すeメール 他社との比較を解説するメールを作成
Lesson 12 商品やサービスを対照して解説する
(方法と相違点を描写する表現)
説得する時のeメール
(Polite&Casual表現)
レッスン9~11で学んだスキルを使い、実際のあなたの会社の紹介や提供しているサービス、製品等を同業他社との比較対照を織り交ぜてメールを作成